電子錠のこと

というのは錠前の内部の構造とそこに差し込む鍵の形が符号することによって開けたり閉めたりすることができるものです。
鍵があっていないと正しい持ち主ではないという判別になり、中にアクセスすることはできません。

電子錠もシステム自体はこれを応用したものになります。
しかし、エントリーするのに使用するのは必ずしも鍵の形をしたものでなくてもいいのです。なんなら鍵を持っていなくても構いません。

というのは、カードや携帯電話といったものを鍵として使用することができるからです。さらには暗証番号で解錠できるものもありますし、最近では指紋認証や音声認証、顔認証といった生体認証システムも導入され始めています。
鍵穴がないことにより、ピッキングという不正解錠を完全に防ぐことが可能となっていることや、鍵紛失という鍵のトラブルに遭わないため今注目されています。

結構昔から使われているのはテンキータイプの鍵です。
テンキーボタン付きの鍵は電気で動くタイプのものではないものも前から使われていました。
テンキーボタン式のもので気になるのは、数字がすり減っていたり、指紋が一杯ついていたりするとそのボタンから類推して暗証番号がバレてしまうのではないかということです。

しかし、このような問題も最近の電子錠なら改善されています。
数字はLEDで光って表示されるのですり減るなんてことはありません。
それに暗証番号を入力する前にランダムで光る数字を押してから暗証番号を入れるので指紋がたくさんついているからといってバレるということはありません。
ひと昔前はオフィスなどに主に取り付けられることが多かった電子錠ですが、
近年は家庭用の製品も色々なメーカーから販売されており、また価格も抑えられてきたため、鍵交換のタイミングで電子錠を選ばれる方も増えてきました。
もし家の鍵を交換しようかと考えているならば、電子錠はひとつの選択肢になると思います。